WordPressとpage.の違い

WordPressは複雑で難しいですが、page.はシンプルで簡単に使えます

サーバー
WordPress

PHP や MySQL に対応したサーバーを用意する必要があり、管理に専門知識が必要。

page.

世界最速クラスのサーバーが用意されていて、契約も管理も不要

SEO
WordPress

デザイン含めて、SEO 対策はすべて自力で行う必要がある。

page.

最初から SEO に配慮したデザインで設計されている。全ユーザーの最新記事や新規サイトを掲載するまとめページを実装予定。より多くの流入が期待できる。

ドメイン(URL)の用意
WordPress

別途、ドメインを探したり購入したり用意したりする必要がある

page.

ビジネスに使いやすい URL<○○○.page.inc>が使える。page. で利用できる URL は、独自ドメインと同等の SEO 的効果とブランド効果があります。
(独自ドメインもオプションで可)

デザイン
WordPress

多数のテーマが公開されているが、実用に耐えるデザインにするには、プログラミングの専門知識と高度なスキルが必要。

page.

SEO にも配慮した完成度の高いデザインが用意されているからすぐに使える。カスタマイズも簡単。上級者は CSS 編集もできる。

使い勝手
WordPress

WordPress の基礎から学習しないとまったく意味がわからない。拡張性が高い反面、無数の作者により使用方法がそれぞれ異なるプラグインやアドオンが膨大に公開されていて、ユーザーが混乱しやすい。

page.

プロの目からみてユーザーに必要な機能だけを直感的な操作ができるようにまとめたシンプルかつ合理的な使い勝手。WordPress を知らなくても使える。WordPress 特有の管理画面や用語も残したデザインなので、もし、使い方でわからないことがあっても検索するだけで無数の解決法を入手できる。

プラグイン
WordPress

公開されている無数のプラグインを自由にインストールできる。反面、どのプラグインを使うべきか判別が難しかったり、プラグイン同士で干渉したりすることも多く、使いこなしは専門知識が必要。

page.

アメブロなどと同じくユーザー自身ではインストールできない。しかし、厳選したプラグインをプレインストール済で、その中で必要なプラグインを自分で選べるから混乱せずに使える。
(無料プランではプラグインは使用できません)

メンテナンスの簡単さ
WordPress

システムの不具合があった時、データ消失の危険があるため自力でシステムのバックアップやリストアを行う必要がある。頻繁にシステムのバージョンアップやバグ対応をしなくてはならず手間がかかる

page.

システム全体のバックアップやメンテナンスは全部運営が行うから、ユーザーは何もしなくていい。サーバーなどの障害発生時は運営が対応するので、ユーザーは普段、システムやサーバーを意識することすらない

困った時の対応
WordPress

すべて自力解決が必要。相談窓口がない

page.

プランに応じたアドバイスやサポート、コンサルティングを受けられる。

使いこなすまでの学習時間
WordPress

使いこなしには膨大な学習時間が必要。

page.

Web 知識ゼロのユーザーを想定した設計だから、すぐに成果を出せる。

セキュリティ
WordPress

ユーザー自身で管理できない場合、セキュリティに重大な問題が発生する可能性が高い。最も普及している CMS であることから、ハッカーにも狙われやすい。専門知識と高度なスキルで、自力でセキュリティを強化する必要がある。

page.

サーバー管理の専門家が常時管理しているため、セキュリティに重大な問題が発生する可能性が低い(ユーザー自身が推測困難なパスワードを設定することなどが最大のセキュリティです)。

メールアドレス
WordPress

メールアドレスは作れません

page.

WordPress ベースのシステムなので同様にメールアドレスは付与していません。G suite などでメールアドレスを作成してください